診療案内

受付時間

  日/祝
午前 9:00~12:30
午後 16:00~18:30

※土:10:00~13:00

※保険外の薬の処方、および注射の場合は、平日朝8時半から可能です。13時から16時と19時から19時半の間も診察時間内にご連絡いただければ処方可能です。

【休診】木曜、土曜午後、日曜、祝

診療内容

手術

現在、手術の受け付けはしておりません。

1.包茎

当院における包茎手術は有名美容外科と同様、亀頭直下法を用いている為、いわゆるツートンにはなりません。診察は保険診療で行えます。料金面でも適性価格であり、安心して御来院下さい。
真性包茎:保険適応
仮性包茎:全て込みで80,000円(税別)

2.パイプカット

全て込みで80,000円(税別)

3.陰茎のできもの

真珠様陰茎小丘疹(P.P.P)、亀頭部分のブツブツ、尖圭コンジローマでも保険を使いたくない方は18,000円(税別)

4.包茎手術後傷跡修正

80,000円(税別)から行います。診察は保険診療で行えます。

早漏治療

診察は保険診療で行えます。

ED(勃起不全)外来

ED初診料:2,000円(税別)
再診料:無料

バイアグラ(シルデナフィル) - 1,400円(50mg)(税込) -
バイアグラ(シルデナフィル)のジェネリック薬 1,000円(1錠)(税込) - -
レビトラ(塩酸バルデナフィル) - 1,300円(10mg)(税込) 1,650円(20mg)(税込)
シアリス(タダラフィル) 600円(5mg)(税込) 1,550円(10mg)(税込) 1,750円(20mg)(税込)
シルデナフィル(テバ) 960円(50mg)(税込) - -

初回処方量は30錠迄です。
以降は最高100錠迄処方可能です。ご相談に関しては保険適応です。ご来院下さい。

薬の特徴

バイアグラ(ファイザー製薬):EDの世界的定番薬

レビトラ(バイエル薬品):頭痛などの副作用が少ない、バイエル薬品のED治療薬

シアリス(イーライリリー):食事の影響を受けず、36時間効果が持続します。ウィークエンドピルとも呼ばれています。自然な勃起と昔の自分を取り戻せます。

ED治療薬の処方の流れ

御希望のお薬が決まれば、リンクのページから各製薬会社のホームページを御覧頂き、 問診票を印刷後、記入し御持参下さい。院内処方ですから、来院から10分くらいで持ち帰って頂けます。

性病外来

1.保険診療可能。
2.自費診療の場合

初診療4,000円、投薬代6,000円。再診が必要な場合再診療2,000円(全て税別)。

プラセンタ(胎盤抽出液)注射 :初診療2,000円(税別)

1.筋肉注射(2アンプル) :1,600円(税別)
2.静脈注射(2アンプル) :1,600円(税別)

その他

1.まつ毛育毛剤(ルミガン) :4,000円(税別)
2.ピアス 片耳2,000円、両耳 3,000円(税別)医療用ピアス1,000~1,500円(税別)
3.緊急避妊薬(モーニングアクターピル)2,000円(税別)
ノルレボ :14,000円(税別)

男性型脱毛症治療

1.プロペシア(フィナステリド) :28日分8,640円(税込)、最大12ヶ月分迄処方いたします。
2.フィナステリド(プロペシアのジェネリック):28日分5,900円(税込)
3.アボルブ(デュタステリド):30日分8,640円(税込)、最大12ヶ月分迄処方いたします。
4.ザガーロ(デュタステリド):30日分9,720円(税込)、最大12ヶ月分迄処方いたします。
5.リアップX5 :当院でプロペシア処方の方に限り、特別価格にて予約販売しています。
6.アロビックス:864円(税込)

在宅往診も行います。

検査・健診

検査:細胞診検査、超音波検査

関連病院

NTT西日本大阪病院、大阪市立総合医療センター、大阪赤十字病院

ページトップへ

泌尿器科 性病科 大阪市 京橋杉本クリニック